オンラインカジノの入金でクレジットカードを使うのは危険?

クレジットカードの情報を盗み取る犯罪が増えてきていますが、ここで気になるのがオンラインカジノの入金でクレジットカードを使っても大丈夫なのか?ということです。
オンラインカジノは海外を拠点にしたギャンブルサイトですので、クレジットカード使用に躊躇してしまう方もきっと多いかと思います。

しかし最初に断言しておきますが、ライセンスを所持する大手の合法オンラインカジノでしたら、安心安全にクレジットカードでの入金が可能です。

そこで今回の記事では、オンラインカジノの入金でクレジットカードを使って危険じゃないの?と題し、その安全性について詳しく解説していきます。
初めてクレジットカード入金をされる方は、是非参考にしてみてください。

オンラインカジノはライセンスを所持

オンラインカジノはライセンスを所持

日本で知名度の高い大手オンラインカジノではライセンスを所持しているため、厳しい監視体制の元、オンラインカジノを運営しています。
ライセンスはマルタ共和国やキュラソー島、マン島、フィリピンなど各国で発行しており、オンラインカジノの運営のための様々なルールや制限があります。

このライセンスは入金や出金などの決済に関しても厳しくルール付けされ、少しでも不審な動きがあった場合には、即座にライセンス剥奪となります。
オンラインカジノ立ち上げ当時に使ったライセンス取得のための莫大な費用が無駄になるわけですから、そこまでのリスクを背負ってまで入金トラブルを起こす理由がありません。

以上のことから、ライセンスを所持する大手オンラインカジノでしたら、何も心配無くクレジットカードでの入金が可能です。

高度なセキュリティシステムの採用

オンラインカジノでは非常に高度なセキュリティシステムを導入しているため、クレジットカードの個人情報は厳重に管理されています。
その代表的なのがSSLと呼ばれる暗号化プロトコルで、これは銀行などの金融機関でも導入しているほど、高度なセキュリティシステムです。

全ての通信は暗号化されて送られるため、クレジットカード情報が外部に漏れる心配は絶対にありません。
実際に大手オンラインカジノでクレジットカード情報が漏れて流出したトラブルは過去に一度も発生していません。
これは全てこの暗号化プロトコルによるセキュリティシステムが働いているからです。

決済代行会社による入金処理

決済代行会社による入金処理

オンラインカジノはあくまでもカジノゲームで遊べる場所を提供しているだけで、決済は運営会社とは異なる会社が行っています。
いわゆる決済代行会社と呼ばれる会社で、クレジットカードで入金した場合、まず決済代行会社が処理を行い、その後オンラインカジノのアカウントへ反映されます。

決済代行会社は、オンラインカジノだけで無く、他にも様々な決済を取り扱っているため、信頼性は抜群です。
たとえオンラインカジノ側でクレジットカード情報を盗もうと思っても、決済代行会社が間に入っている限り、それは絶対に不可能なのです。

さて、ここまでクレジットカード入金の安全性について色々と解説してきましたが、これは合法のオンラインカジノに限った話です。
最後に違法のオンラインカジノに関する危険性を解説していきますので、注意喚起として是非とも一読ください。

違法のオンラインカジノに注意

違法のオンラインカジノとは、拠点とする国からライセンスの発行を受けていないオンラインカジノのことで、実はインターネット上には星の数ほど存在します。
違法オンラインカジノでは登録したユーザーからお金を詐取することしか考えておらず、様々な手段を使ってきます。

イカサマはもちろんですが、怖いのはクレジットカードの情報を盗み取る手口です。
合法のオンラインカジノとは異なり、違法オンラインカジノでは自分たちで決済を行っており、決済代行会社が間に入っていません。
その結果、ユーザーが入力したクレジットカード情報を盗み、不正利用される可能性があります。

いわゆるフィッシング詐欺と似たような手口が横行しています。
そんな被害に遭わないためにも、オンラインカジノへ登録する前に、必ずライセンスを確認してください。
大手オンラインカジノが所持するキュラソー島やマルタ共和国のライセンスでしたら信頼性は抜群のため、安心してクレジットカードを使うことができます。

まとめ

まとめ

今回は、オンラインカジノの入金でクレジットカードを使って危険じゃないの?と題し、クレジットカード入金の安全性についてまとめてみましたが、ご理解されましたでしょうか?
海外を拠点とするオンラインカジノ上でクレジットカード情報を入力することに抵抗を持つ方もきっと多いことでしょう。

ライセンスを所持する合法のオンラインカジノでしたら安心安全に利用できますが、違法オンラインカジノには十分に注意してください。
クレジットカード情報を盗まれて不正利用されたり、第三者へ横流しされる可能性も決して0ではありません。

どのオンラインカジノなら安全なのかわからない場合には、日本国内でも知名度の高いベラジョンカジノやラッキーニッキーをおすすめします。

一攫千金を狙うなら公営ギャンブルよりもネットカジノがおすすめ

「3連単で百万馬券が出た!」「WIN5で5億円突破!!」など、公営ギャンブルで景気の良い話を聞きますが、一攫千金を狙うならネットカジノの方が断然おすすめです。
一攫千金と言えば全てのギャンブラーが求める最大の夢であり、誰もが億万長者を目指しているものです。

しかし公営ギャンブルで億万長者達成は至難の業で、ほぼ全ての人が夢物語で終わります。
どうせ同じギャンブルをするなら、少しでも一攫千金を狙えるギャンブルで遊びたいと考えるのは当然のことかと思います。

そこで今回の記事では、夢の一攫千金を狙うなら公営ギャンブルよりも断然ネットカジノがおすすめと題し、その理由をご紹介します。
日本人ユーザーからも数多くの億万長者が誕生しているネットカジノの素晴らしさを知る機会になれば嬉しいです。

プログレッシブジャックポットの存在

プログレッシブジャックポットの存在

ネットカジノで遊べる一部のスロットには、プログレッシブジャックポットと呼ばれるボーナスが搭載されており、当選すると一撃で夢のような大金を得られます。
プログレッシブジャックポットとは、同じスロットで遊ぶ全てのユーザーが毎ゲーム少しずつ積み立てており、当選したユーザーが総取りするボーナスです。

場合によっては億を超えるケースもあり、過去には24億円のプログレッシブジャックポットを獲得したユーザーもいます。
「でも結局当選確率は天文学的数値でしょ?」と思われるかもしれません。

まさにその通りで、数億円単位のプログレッシブジャックポットの当選確率は天文学的数値ですが、唯一億を超えるケースのある競馬のWIN5も似たようなものです。
しかしWIN5は、その馬券を買わなければ的中の可能性すら0になります。

その点ネットカジノのプログレッシブジャックポットは、スロットを回していれば毎ゲームそのチャンスがあるため、可能性は0では無いのです。

ペイアウト率が圧倒的に高い

公営ギャンブルと、ネットカジノのペイアウト率を比較してみるとハッキリとわかりますが、圧倒的にネットカジノの方が高くなっています。
ペイアウト率とは日本語で払戻率・還元率などとも呼ばれ、賭けた金額に対していくら戻ってくるのを示したものです。

つまり、ペイアウト率が高ければ高いほど勝率もグングン上がります。
公営ギャンブルのペイアウト率は70~75%、そしてネットカジノは95~97%と、最大で30%弱の差があります。

この圧倒的に高いペイアウト率からわかる通り、公営ギャンブルよりもネットカジノの方が一攫千金を得られる可能性が高いわけです。

様々な攻略法が有効

様々な攻略法が有効

経験とデータ解析が唯一の攻略法である公営ギャンブルとは異なり、ネットカジノでは様々な攻略法が考案されています。
その攻略法の多くが世界的な数学者によって作られており、理論的には勝率100%を超える攻略法も存在します。

残念ながら必ず勝てる必勝法はありませんが、これはネットカジノに限らず、公営ギャンブルにもパチンコ・パチスロにも必勝法は存在しません。

しかし、ネットカジノの攻略法の効果は非常に有効で、きちんと損切りと勝ち逃げのマイルールさえ決めていれば、安定した勝利を可能にしています。
中には一攫千金を視野に入れた攻略法もあり、大きな損失を一度で取り戻すことも十分に可能です。

ただし合法ネットカジノを選ぶことが絶対条件

上記でネットカジノをおすすめする3つの理由をご説明させていただきましたが、これはあくまでも合法ネットカジノを選ぶことが絶対条件です。
ライセンスを持つネットカジノは合法ですが、ライセンス無しで運営するネットカジノは全て違法で、上記3つの理由も当てはまらなくなります。

違法ネットカジノではイカサマや入出金の不正行為などが当たり前のように行われており、ユーザーが絶対勝てない仕組みが確立しています。

プログレッシブジャックポットの当選確率を0にしたり、プログラミングによってペイアウト率を下げることもできますし、攻略法の効果はほとんど無くなります。
初めてネットカジノで遊ぶ際には、必ずライセンスを所持するネットカジノを選ぶようにしましょう。

まとめ

まとめ

今回は、夢の一攫千金を狙うなら公営ギャンブルよりも断然ネットカジノがおすすめと題し、ネットカジノのおすすめポイントをご紹介させていただきました。

公営ギャンブルは魅力的なレースやドラマがたっぷりと詰まったギャンブルであり、楽しく遊べるのは事実です。
しかし、本気で一攫千金を狙っているのでしたら、公営ギャンブルよりもネットカジノを断然おすすめします。

スロットで遊んでいれば、毎ゲーム億万長者のチャンスを得られるプログレッシブジャックポットの存在、圧倒的に高いペイアウト率、そして様々な攻略法が有効など、ネットカジノでしたら一攫千金も十分に射程圏内なのです。

ただし、違法ネットカジノではこの常識が通用しないため、必ず合法のネットカジノで遊ぶようにしましょう。
特にベラジョンカジノやカジ旅、ジパングカジノなどの大手ネットカジノでしたら、信頼性は抜群ですし、豊富なボーナスももらえるのでとってもお得です。

カジノシークレットの出金方法まとめ

オンラインカジノは、今や世界中で娯楽として楽しまれているギャンブルです。
今回は、2018年7月に始まったまだ新しめのオンラインカジノでありながら、圧倒的な注目を集めている「カジノシークレット」について取り上げます。

オンラインカジノ初心者や、カジノシークレットを初めてプレイする人にとって気になるのが、出金に関する詳細といえるでしょう。

カジノシークレットの出金について初心者でも一通りのことがわかるように詳しく解説します。

出金のおおまかな流れ

出金のおおまかな流れ

カジノシークレットでは、主にecoPayz・Venus Point・iWallet、銀行口座を利用した出金が可能です。

カジノシークレットのサイトの管理画面にある「出金」を開き、出金方法でecoPayz・Venus Point・iWallet、銀行振込のいずれかを選びます。

出金を希望する金額を設定し、「送金」をクリックします。

出金申請が完了すると画面に「承認待ちです」と表示されます。

カジノシークレットの出金条件

カジノシークレットではボーナスを出金する際の賭け条件というものがありません。
これはカジノシークレットの最大の特徴であり魅力ともいえます。

キャッシュバックされたボーナスは全て現金で受け取ることができ、出金することもベットすることもできます。

出金までにかかる時間の目安

カジノシークレットでは、出金方法によって出金までにかかる時間が異なります。

・ecoPayz・Venus Point・iWalletに出金する場合

申請から24時間以内となっています。
具体的に何時間かかるかはその時の状況によっても異なります。

・銀行口座に出金する場合

最大5営業日ほどを要します。
銀行が休業日の場合は反映までに通常よりも日数が必要となるため注意しましょう。

出金までにかかる時間の目安

カジノシークレットで対応している出金手段

カジノシークレットでは以下の出金手段に対応しています。

ecoPayz・Venus Point・iWallet
銀行決済

※iWalletは出金のみに対応しています
その他は入出金どちらもOKです。

おすすめの決済手段と流れ

カジノシークレットでオンラインカジノの初心者におすすめしたい出金手段は「銀行口座への出金」です。
オンラインカジノではecoPayz・Venus Point・iWalletなどの電子決済がよく使われていますが、オンラインカジノの初心者にとっては使い慣れていないので、抵抗があったりスムーズに利用できないこともあるでしょう。

オンラインカジノでは銀行口座への出金に対応していないものも多いですが、カジノシークレットは対応している貴重なオンラインカジノです。
いつも使用している銀行口座に出金できるなら初心者でも安心感が大きいはずです。

・銀行口座に出金する流れ

1.カジノシークレットのページでログインし、画面の上部に表示されているキャッシャーをクリックします。

2.開いた場面に表示されている「出金」の部分をクリックします。

3.決済方法で表示される「BANK」を選びます。

4.振込先に指定する銀行の口座情報を入力します。

5.出金金額を決めて送信すれば、出金手続きが完了します。

カジノシークレットで出金する際の注意点

カジノシークレットで出金する際の注意点

カジノシークレットでは出金の際にいくつか気をつけなければならない点があるので、事前に確認しておきましょう。

・出金限度額がある

カジノシークレットでは、出金最低額と出金最高額があり決済手段によって異なります。

ecoPayz 出金最低額20ドル 出金最高額5000ドル
Venus Point 出金最低額20ドル 出金最高額1000ドル
iWallt 出金最低額20ドル 出金最高額500ドル
銀行振込 出金最低額500ドル 出金最高額5000ドル

・銀行振込は対応している銀行が限られている
※2021年時点のものですので今後変更する可能性があります。
auじぶん銀行
ゆうちょ銀行
みずほ銀行
三菱UFJ銀行
ジャパンネット銀行
楽天銀行
りそな銀行
埼玉りそな銀行
セブン銀行
住信SBIネット銀行
福岡銀行

カジノシークレットは、上記の銀行以外の口座には出金対応していません。
そのため、上記の銀行口座を使用できない場合は他の出金手段を選ぶ必要があります。

・出金時には本人確認が必要

カジノシークレットでは出金時に身分証明書の提示が求められます。
運転免許証やパスポートなどを用意してから出金申請を行いましょう。

まとめ

オンラインカジノでも最近特に人気を集めているカジノシークレットについて、気になる出金方法についてまとめました。
カジノシークレットはボーナスの出金条件がなく、銀行口座への出金も可能なので初心者にも向いているオンラインカジノといえます。

ただし、初めて利用する際はここで説明した内容を一通り確認してから慎重に利用することをおすすめします。
出金に関するさまざまな疑問を解決して、楽しいオンラインカジノライフをスタートさせましょう。

ライブゲームは世界中のオンラインカジノのプレイヤーから大人気

最近オンラインカジノで注目を集めているライブゲームとは、生配信を使った画期的なカジノゲームで、日本だけでなく世界のギャンブラーから大人気のジャンルとなっています。
オンラインカジノも大手から新規までたくさん存在し、数多くの新作ゲームを導入するなどしのぎを削っていますが、特に力を入れているのが、プレイヤーから高い支持を得ているライブゲームの分野なのです。

ここでは、そんなライブゲームについて、最近興味を持ち始めた初心者の方々に向け、その人気の秘密や、基本的な知識などを紹介してきたいと思います。
もしライブゲームに興味があるなら、ぜひオンラインカジノにも登録してください。

テーブルゲームとライブゲームの違い

テーブルゲームとライブゲームの違い

オンラインカジノの定番ゲームといえば、バカラ、ブラックジャック、スロットゲーム、ルーレットなどですが、スロットゲームを除き、ライブゲームとテーブルゲームという別々の違うジャンルが存在します。
ライブゲームはこれまで説明したように、本物のディーラーが出演し生配信を使って進行するもので、一方テーブルゲームはコンピュータによって進行される、いわゆるテレビゲームのようなものです。

テーブルゲームもグラフィックが進化し、一瞬実写と見間違うような機種もありますが、それでもライブカジノ独特の情報量や臨場感に匹敵するには至っていません。
やはり生配信で進行するライブゲームは、本場のランドカジノを彷彿とさせる雰囲気があり、ゴージャス感がまったく違います。

しかしテーブルゲームは、ライブゲームのようにディーラーの交代などで準備中となることもなく、24時間いつでも遊べるという利点もあります。
ほかにもライブゲームには、テーブルごとに人数制限もあるので受入れに制限があり、混雑している時間帯は遊ぶのが難しくなるという、独特の事情もあります。

ライブゲームは開発メーカーが運営

ライブゲームに関してあまり知られていないことの一つに、ゲームの運営や進行などはオンラインカジノの運営ではなく、ゲームの開発メーカーが行っていることがあります。
そもそもオンラインカジノの運営というのは、厳しい審査を経て国から承認されたライセンスを所持し、イカサマなどの不正行為を働く余地はありませんが、こうしてライブゲームを別会社に運営させるのも不正行為を徹底排除するための一環なのです。

開発メーカーは第三者機関の公平な監視を受けながら、ライブゲームを進行させておりイカサマや不正行為はできないような仕組みとなっているのです。
ライブゲームの進行をよく見ると分かりますが、ブラックジャックだと準備済のカードを使用し、それがプレイヤーの目の前で配られます。
さらにプレイヤーはそれぞれが自分の意志で、ヒットやスタンドのアクションを行うので、ディーラーと結託してイカサマを行うことは無理と言えるでしょう。

バカラなどは同じテーブルに、ほかのプレイヤーもいるので、すべての行動が筒抜けで、イカサマが行えないことは明らかです。
生配信によるリアルタイム性と、視覚的な透明性により健全なゲーム進行が確認できるのも、ライブゲームの魅力と言えるでしょう。

禁断の攻略法を堂々と投入できる

禁断の攻略法を堂々と投入できる

カジノの長い歴史の中で培われた攻略法の中には、あまりに効果的に勝率を上げるので、不正行為として取締りの対象となるものも存在します。
具体的には、バカラやブラックジャックなどで効果を発揮するカウンティングと言われる手法で、すでに出たカードをチェックして残りカードを予測し、勝負に出るタイミングを読むというテクニックです。

カウンティングの効果は絶大で、熟練したプレイヤーが実行すればほぼ確実に勝ててしまうので、ラスベガスを始めとする本場のランドカジノでは禁止されており、もし使用がバレれば出入り禁止という厳しい処分が待っています。

一方オンラインカジノの場合は、家でプレイするので監視の目がなく、プレイヤーがどのように遊んでいるのか知知る由がありません。
今のところカウンティングは禁止されていませんが、仮に禁止されたとしても、オンラインカジノという形態である以上、監視は無理でしょう。

カウンティングは厳しい監視を欺くため、記憶力を頼りにコソコソやるものでしたが、オンラインカジノならメモ帳はもちろん、スマホも使いたい放題です。
ライブゲームを使うことで、カウンティングも堂々と練習することができ、テクニックを磨くことができます。

まとめ

まとめ

ライブゲームは世界中のオンラインカジノのプレイヤーから大人気な理由を解説してきましたが、参考になったでしょうか?
ライブゲームとその名の通り、本物のディーラーやカードを使った生配信で進行するゲームで、コンピュータグラフィックを使ったテーブルゲームとは根本的に違います。

パターン化されたグラフィックが画面に映し出されるだけのテーブルゲームとは違い、ウェブカメラを使って映し出されるテーブルの様子は、まるで本場のランドカジノにいるかのように雰囲気を醸しだし、圧倒的な臨場感を味わえます。

さらにリアルタイムでゲームで進行するため、イカサマをする余地もありませんし、禁断の攻略法であるカウンティングも使いたい放題です。
ぜひオンラインカジノに登録して、最先端のギャンブルであるライブゲームを体験してみてください。

マーチンゲール法のメリットは勝利の実感を得られること

マーチンゲール法は世界でもっとも有名なギャンブル必勝法です。
理論上は絶対に負けることがないといわれる理論で、実際にカジノに限らず株やFX取引の現場などでも基本的な投資テクニックの一つとして使われています。

そしてマーチンゲール法はオンラインカジノとも相性がいいとされており、ギャンブル初心者が最初に学ぶ攻略法としても高い人気があります。

しかし普通に考えて、誰もがマーチンゲール法を使って勝てるのであれば世の中は大金持ちだらけになっているはずです。
実はマーチンゲール法はそのまま使用してもあまり意味はなく、その理論を応用してこそ実戦的なメリットが生まれます。

オンラインカジノ初心者はいきなりマーチンゲール法に飛びつくのではなく、そのメリットについて正確な知識を得た上で更なる応用テクニックを身につけていくことが重要になるでしょう。

そのままだと実戦的なメリットはほとんどない

そのままだと実戦的なメリットはほとんどない
マーチンゲール法をギャンブルに用いる場合のルールは非常に単純です。

まず配当率が2倍のゲームを選び最初に一定額をベットします。
そのまま勝てば利益確定して1ゲーム終了、負けたら今負けた額の2倍をベットしてそのゲームを続行します。

こうして負けるたびに倍々の額をベットしておけば、いずれ勝利した際に必ずそれまでの負けを全て取り返し初戦で勝った時と同じだけの利益を確定させることができます。
この「負けるたびに賭け金を2倍に増やしていく」というのがマーチンゲール法の基本戦略です。

これだけ聞けば勘のいい人ならマーチンゲール法のメリットとデメリットについてピンと来ることでしょう。
マーチンゲール法のメリットは、賭け金を倍々に増やせるだけの資金力があれば誰でも絶対に勝てることです。

逆にデメリットは、そんな無限に近い資金を持った大富豪はこの世に存在しないという点に尽きます。
ギャンブルではどんなに高確率で勝てるゲームであっても連敗が続いてしまうことは多々あります。

たとえば1ドルから始めたマーチンゲール法も10連敗してしまえば賭け金は1000ドルを超えることになります。
そして、連敗を耐え抜いてどんなに巨大な賭け金の勝負に勝ったとしても得られる利益は初戦で賭けたベット額だけです。

つまり実戦でマーチンゲール法を使った場合、たった1ドルの利益のために数千ドルの勝負を繰り返すような事態になりかねません。

こうした理由からマーチンゲール法をそのまま利用するメリットはほとんどないといえるでしょう。

様々な応用が効く基礎理論である

様々な応用が効く基礎理論である
マーチンゲール法はそれだけでは実用性のないギャンブル攻略法ですが、「負けるたびに賭け金を増やしてそれまでの負けを相殺する」という基本的な考え方は間違っていません。
問題は賭け金を倍々に増やしていくことによる際限のないリスクの増大です。

そのため、ギャンブルの世界ではこの問題を解消してマーチンゲール法のメリットだけを引き出す応用テクニックが数多く研究されてきました。

たとえばココモ法というテクニックではマーチンゲール法と同じように連敗に合わせて賭け金を増やしていきますが、その際には倍々に増やすのではなく独自のルールに従って比較的緩やかにベット額を上昇させていきます。

そして2倍配当ではなく3倍配当のゲームを使うことでマーチンゲール法と同様に一度の勝利で利益を確定させることも可能です。

このようなマーチンゲール法を基礎として作られたギャンブル攻略法は他にも多くあるため、まずマーチンゲール法の勉強をしておけばそれら全てに対応できるという大きなメリットが生まれます。

試す際にはリスクとメリットを意識して慎重に

試す際にはリスクとメリットを意識して慎重に
マーチンゲール法は普通に使うとリスクに見合わないメリットしかありませんが、ある程度リスクをコントロールすることで疑似的に実戦投入することは可能です。

まず、オンラインカジノにはマックスベットやテーブルベットなどと呼ばれる賭け金の上限設定があることを意識しましょう。

マーチンゲール法は際限なく賭け金を増やすことが前提のテクニックなので、マックスベットのあるゲームではそもそも完全な形では利用できません。

しかし逆に考えれば、ゲームの側が強制的に損切りを行ってくれることでマーチンゲール法のリスクが軽減されるともいえます。

たとえば1ドルからのマーチンゲール法を5連敗や6連敗程度で損切りして強制終了すると決めた上で実行すれば、1ゲームで破産するような過大なリスクを避けて疑似的にマーチンゲール法を試すことができます。

勝率49%ほどのルーレットやバカラであれば5回戦以内の勝利を重ねられる可能性は相応に高く、利益効率こそ低いものの着実な勝利を学んでいくことができるでしょう。
現金を使ったギャンブルでは少ない資金で実戦経験を積める機会は非常に貴重です。

マーチンゲール法の最大のメリットとは、リスクを抑えた状態で実行することで初心者であってもオンラインカジノの経験と勝利の実感を得ることができる点にあるといってもいいでしょう。

オンラインカジノのスロットマシンのメリットとデメリット

オンラインカジノで最も目を引くゲームと言えば、スロットマシンです。
オンラインカジノをプレイしたことがある方であれば、一度は遊んだことのあるスロットマシンについて、今回その概要とメリットとデメリットについて総括的にまとめました。

きっとオンラインカジノのスロットマシンとは、どのようなものなのか、どのような利点、欠点があるのかを知ることができるでしょう。
それでは、概要からお話ししていきます。

オンラインカジノのスロットマシン

オンラインカジノのスロットマシン
オンラインカジノのスロットマシンとは、ソフトウェアゲーム形式のスロットです。
一言でいえば実際のマシンを使ったスロットマシンではなく、ゲームの画面のようなスロットマシンになります。

そんなスロットマシンですが、オンラインカジノではスロットマシンというより、ビデオスロットなどと言われることが多くあります。
その理由は、こういったソフトウェアゲーム形式であることから来ているといえるでしょう。

オンラインカジノで提供されるスロットマシンには、大きく分けて2つのタイプがあります。
クラシックとカスケード方式がそれです。

クラシックは、もともとのスロットマシンをソフトウェアゲーム形式で忠実に再現したものが多くあるのが特徴です。
ドラムと言われる絵柄が多数書かれた装置が回転し、他のドラムの列(リール)と同じ絵柄が揃ったら当選して配当が得られるという仕組みです。

ここまでシンプルなものから、同じ形式であってもチャンスが来るとリールの数が一気に増えたり、当選した後ポーカーのダブルアップのように簡単なギャンブルを行って、当選金を増やすというシステムを搭載したものもあります。

いずれにしてもクラシカルというジャンルではあるものの、ゲームをオンランカジノに提供するゲームプロバイダが創意工夫して、様々なクラシック方式のスロットマシンを提供しています。

一方、カスケード方式は、絵柄の揃い方という点で大きく異なります。
そもそもリールが存在せず、パズルゲームのようにどんどん絵柄が落ちていき、絵柄が揃ったら消えて当選が決まります。

ここまではクラシックに近い印象があるものの、さらに消えた絵柄を埋めるように上にある絵柄が下に下がる仕組みです。
ここで更に絵柄が揃えば連鎖するように当選が重なっていくという仕組みです。

この絵柄の消え方が心地よく、さらに様々な演出もしやすいことから、オンラインカジノのスロットマシンの主流になりつつある形式と言えます。

こういった大まかに二つのタイプを中心にオンラインカジノではスロットマシンが提供されています。

スロットマシンのメリット

スロットマシンのメリット
オンラインカジノのスロットマシンのメリットは、大きな配当が狙える、非常に美麗で華やかな演出、テンポの速さ、新機種が出やすいと言ったものです。

オンラインカジノのスロットマシンは、大きな配当が狙いやすいことです。
特にオンラインカジノのスロットマシンの一ジャンルであるジャックポットは、一度に大きな配当が得られ、実際にギネス記録には数億円を当てた記録もあります。

こういった夢のあるゲームであるという点がメリットです。

美麗で華やかな演出も特徴と言えるでしょう。
ソフトウェアゲーム形式で自由な表現ができるため、グラフィックにこだわったり、演出にこだわった機種が多くあります。
そのため、当選の有無にかかわらず楽しめることも多いのです。

テンポも速く、どんどん当選を狙ってプレイすることができます。
こういったスタイルで当選するタイミングが一日に何回も起こり、儲けるチャンスも遭遇しやすいといえます。

オンラインカジノのスロットマシンは、オンラインカジノのゲームで最もホットなゲームです。
そのため、毎月新しい機種が登場しているため、新しいものが好きな方にとっては、新機種をプレイするのも楽しみの一つになるかもしれません。

このようなメリットの多さからプレイするユーザーも多いのが特徴です。

スロットマシンのデメリット

オンラインカジノのスロットマシンのデメリットは、機種が多すぎることと資金の減り方が速いことです。

オンラインカジノのスロットマシンは、とにかく機種が多すぎるというデメリットがあります。
そのため、最初にスロットマシンをプレイしようと思った方は、どの機種がいいのか分からず苦労するかもしれません。

その多さにオンラインカジノ側も検索機能を強化するといった対応を取っています。
こういった機種の多さのため、コツコツ稼ぎたい方向けの機種や一発逆転の要素を持つ機種を適切に選ばないと、思ったスタイルでスロットマシンを楽しめない可能性があります。
スロットマシンのデメリット
スロットは資金の減り方も速いといえます

どんどん資金を投入して、スロットを回すので当選しないと資金の減り方はとても速く、高速なテンポで進むスロットマシンが多いため、特にそう感じるかもしれません。
ある程度の資金を用意してプレイすることが他のカジノゲーム以上に求められることもあります。

このように比較的デメリットは少ないものの、オンラインカジノのスロットマシンはデメリットもあるということを知っておきましょう。

オンラインカジノは詐欺やイカサマの温床ではない

オンラインカジノに付きまといがちなのが、うさんくさい、詐欺ではないかと言ったイメージです。
しかし、オンラインカジノを詳しく知ろうとするとそのイメージが一変します。

各国の法律やライセンスに則り、詐欺や不正を防ぐための仕組みを導入しているオンラインカジノがあるからです。
別な見方をすると、ライセンスの取得などがなく、表示がないオンラインカジノは詐欺などを疑った方が良いと言うことになります。
運営元などをチェックし、安全に遊ぶことがオンラインカジノを楽しむポイントになっています。

各国のライセンスを取得して運営されている

各国のライセンスを取得して運営されている
オンラインカジノはお金を扱う関係上、犯罪などを疑われることが多くなります。
これは反社会的な組織がマネーロンダリングを行うために、賭博行為を利用することがあるためです。

重要なのはお金の流れは様々な国が監視していて、犯罪を防いでいるということです。
反社会的な組織の資金源を立つために、どの国も厳しく取り締まっています。

不信なお金の流れがあれば犯罪を疑われ、オンラインカジノ自体が運営できなくなる可能があるのです。
しっかりとしたオンラインカジノは各国の法律に基づいて運営されていて、ライセンスを取得しているのが一般的です。
ライセンス取得自体が厳しく制限されている国もあります。

これはライセンスを取得し、儲けを出したらすぐに会社を潰し、不当に利益を得ることを防ぐためです。
運営の透明化や、不正を防ぐ取り組みの導入、払い戻しに必要な資金の確保など、簡単にオンラインカジノに参加できない仕組みができあがっています。

犯罪や詐欺を防ぎ、安全に遊べる環境を整えて初めてオンラインカジノの営業ができるようになっているのです。
しっかりと法律に基づいて運営されているオンラインカジノを選べば、詐欺にあうことはないのです。

お金を扱うからこそセキュリティが厳重な傾向がある

お金を扱うからこそセキュリティが厳重な傾向がある
オンラインカジノはお金を扱う関係上、本人確認なども厳重になる傾向があります。
無料で遊べる範囲では本人確認が不要で、入出金時に必要になるケースもあります。

どんな人がお金を出し入れしたのか、遊んだかは重要な情報になるため、どのオンラインカジノも本人確認を徹底することが多いのです。
本人確認があると、個人情報を盗まれるのではないかと不安になる人もいます。

しかし、不正な利用をすればオンラインカジノ自体がリスクを背負う仕組みになっているのがポイントです。
厳重な完備をしなければ、それこそ犯罪への利用を疑われてしまうからです。
本人確認なしでお金を賭け放題であれば、かえって疑わしいことも理解する必要があります。

オンラインカジノのセキュリティで注意したいのは、基本的に海外で運営されていると言うことです。
日本語対応のオンラインカジノでも、住所や名前はローマ字表記の記入が求められることが一般的になります。
ちょっとしたスペルミスで本人確認が通らないことがあるため、注意が必要です。

また、出金方法で銀行を選択した場合、どんな利用で得たお金なのか銀行側から確認の連絡がかかってくるケースもあります。
トラブルや手数料負担を減らすために、電子決済サービスを利用することも一般的になっています。
電子決済サービスを挟めば、入出金がスムーズになることが多いのです。

ブランドネームや運営の透明性で選ぶのがおすすめ

オンラインカジノを安全に遊びたいのであれば、オンラインカジノ名などを検索し、運営元がしっかりしているか確認するのがおすすめです。
運営元がしっかりと確認できないオンラインカジノはそれだけ信頼性が低くなります。

日本語対応を行い、運営元なども明記しているオンラインカジノもあるため、わかりやすさを優先して選ぶのも選択肢になります。
新興のオンラインカジノの場合は口コミが集まり、運営元がハッキリするまで遊ばないのも選択肢です。

騙された詐欺だと思わないために

騙された詐欺だと思わないために
オンラインカジノは日本の公営ギャンブルに比べ、非常に高い還元率を誇ります。
賭けたチップに対する払い戻し率をペイアウトと呼びますが、オンラインカジノのペイアウト率は90%を超えるのが一般的です。

しっかりとしたオンラインカジノは各国の法律に則り運営されていて、不正や詐欺が入り込む余地もありません。
非常に割が良いのがオンラインカジノの特徴です。

また、オンラインカジノにゲームを提供するメーカーも、イカサマが入る余地がないよう第三者機関にチェックを受けるのも一般的になっています。

しかし、お金を使うことにはかわりがなく、遊びすぎればお金がなくなるリスクもあります。
使い過ぎないように意識し、自分でコントロールすることも「騙された」と思わないポイントになるのです。

運営がしっかりしていても、確率で負けることがあるのがオンラインカジノです。
熱中しすぎていると思ったら距離をとって冷静になるのを待つ、使える金額を決めておくなど自分なりの対策もセットにするのがおすすめになります。

日本市場を意識したジパングカジノの魅力を紹介!

オンラインカジノの世界で、重要な市場とみなされているのが日本であり、多くのオンラインカジノが英語以外にも日本語対応を行っています。
そんな日本の市場を特に意識して開業したのが今回紹介するジパングカジノです。
このジパングカジノについてその魅力や特徴などを解説しまとめました。
そしてプレイするうえで気をつけておきたいポイントについて紹介します。

ジパングカジノはどんなオンラインカジノか

ジパングカジノはどんなオンラインカジノか
ジパングカジノはBayview Technologies, Limited.が運営するオンラインカジノです。
拠点はフィリピンにあり、現地フィリピン政府の発酵するオンラインゲーミングライセンスによってオンラインカジノを解説しました。

さらにジパングカジノは、イギリスの自治体であるマン島のライセンスを取得するなどダブルライセンス体制をとっています。
加えて、実際のカジノも経営しており、ギャンブル業界における実績を十分築いたオンラインカジノでもあるのです。
ゲームにもこだわりを持っており、透明性の高さで定評のあるPlaytech(プレイテック)を採用しています。

また企業自体もこのオンラインカジノの世界に2005年に参入しており、オンラインカジノ業界でもかなりの老舗です。
このように実績や信頼性の高い運営会社が手掛ける日本を意識したオンラインカジノ、それがジパングカジノと言えます。

ジパングカジノの魅力とは?

ジパングカジノには様々な魅力があります。
その中でも特に魅力的な特徴が業界トップクラスの日本語対応やサポート、YOUTUBEチャンネルの開設、多彩なボーナスやキャンペーン、コンプポイント制度です。
ジパングカジノの魅力とは
日本語対応はもはや日本のサービスと言っても過言ではない位充実しており、オンラインカジノで最も対応が充実しています。
メールによるサポートはもちろん、携帯やスマートフォンもOKのフリーダイヤルの電話対応も行っています。

さらに平日のみの対応ではなく、365日年中無休のサポートです。
加えて日本人によるサポートなので、日本語に対する問題は一切ありません。
ここまでしっかりと対応しているオンラインカジノは、ほとんどないといっても良いでしょう。

YOUTUBEチャンネルも開設しています。
動画で遊び方や登録方法などの動画も公開しているので、実際にどのような登録や遊び方をすればいいのかがよく分かるのがポイントです。
また、ジパングカジノの世界をより身近に感じられるのでこういった対応も魅力あるサービスではないでしょうか。
オンラインカジノの多くは分かりやすいシステムを中心に日本語対応を行っていますが、動画チャンネルを開設して解説しているオンラインカジノは、ほぼありません。

多彩なボーナスやキャンペーンも魅力です。
ざっと紹介していくと、初回入金ボーナス(初めて入金した際に、最高300米ドルで入金額の100%のボーナス)、セカンド入金ボーナス(全額出金できずに終わった場合は、再度入金時に初回入金と同じボーナス)、期間限定ボーナス(多彩な内容、季節ごとに行われる)といった基本的なボーナスやキャンペーンの他にも多くのものがあります。

スロットでは、スロットボーナス(スロットでのプレイに限定して適応されるボーナス、フリースピンのようなもの)、少額のスロットボーナスminiの二つです。
これ以外にもユニークなものとして、日曜限定の生ものボーナス、スーパーキャッシュバックもあります。
また、ボーナスを受け取らない方も還元ボーナスという入金時のボーナスを受け取るサービスも設定されているのが特徴です。

最後にコンプポイントというポイント制度も用意されています。
10ドルごとに1コンプポイントを付与されるこのシステムは、95ポイント貯めると1米ドル相当の価値になるのが特徴です。
遊べば遊ぶほど貯まるので、これも魅力と言えるのではないでしょうか。

プレイ前にジパングカジノのポイントに注意

プレイ前にジパングカジノのポイントに注意
ジパングカジノは特徴や魅力が多い反面、注意点もあります。
入出金方法がやや少ない、ゲームの種類が平均的、チャットに対応していないと言った点です。

入出金方法は少ないといわざるを得ません。
クレジットカードもVISAのみ、電子決済はエコペイズ (ecoPayz)、アイウォレット (i-wallet)、エコペイズ (ecoPayz)、アイウォレット (i-wallet)、エントロペイ (entropay)と一見豊富に見えますが、ヴィーナスポイントなどの定番が押さえられていません。

出金に至っては、エコペイズ、アイウォレットだけです。
そのため、出金を考慮してエコペイズやアイウォレットの口座をあらかじめ解説しておきましょう。

ゲームの種類は、そこまで多くありません。
種類よりも質を重視しているため、1,000種類を超えるオンラインカジノが多くある中、200種類を超える程度です。
これは、若干少なさを感じる可能性があります。

電話対応は盤石ですが、多くのオンラインカジノが採用しているビデオチャットには対応していません。
そのため、相手の顔が分からず電話の声のみで説明をする必要があります。

こういった注意点があるものの、基本的に日本語対応がしっかりしており遊びやすいオンラインカジノがジパングカジノです。

ビデオポーカーの特徴

ビデオポーカーとは

ビデオポーカーとは
通常のポーカーは、ディーラーや他のプレイヤーと対戦するのが基本です。
所がビデオポーカーは、1人でゲームを行い成立させた役に応じる形で、配当が支払われる形となっています。
ディーラーや他のプレイヤーに気兼ねする事なく、自分のペースでポーカーというゲームを楽しめるのでその点に魅力を感じる人も少なくありません。

更に通常のポーカーでは、賭けたチップが勝てば2倍になり、負ければ0になるのが基本です。
所がビデオポーカーでは、大きな役を作る事が出来れば一気に大きな配当を得る事が出来ます。

しかもダブルアップを用いる事で、得られる配当を効率的に増やして行く事も可能です。
この様な仕組みであるため、オンラインカジノの中でも気軽に遊べるゲームであるだけでなく、一攫千金が狙える点が魅力的と言えます。

そんなビデオポーカーですが、カジノに馴染みがない日本人の中にはオンラインカジノ用に作られたゲームだと思い込んでいる人も少なくないです。
所が実は既にかなり歴史のある、ゲームの1つだったりします。
1970年代には既にビデオポーカーは登場しており、1980年代には1人で気軽に遊べるポーカーゲームとして爆発的な人気を誇っていたのです。

日本でも実際のお金を賭ける事は出来ませんが、ゲームセンターでビデオポーカーを楽しむ事が出来ます。
そして現在では自宅のパソコンやスマートフォンを用いて、オンラインカジノでお金を掛けてスリル満点に遊ぶ事が可能です。

基本的な遊び方

オンラインカジノの多くは、ビデオポーカーの機種を複数台用意しているのでまずは遊びたい機種を選びます。
機種を選んだら、コインを投入する等して賭け金をベットすると画面上に5枚のカードが公開されるので、残したいカードにはHOLDボタンを使い、交換したいカードはそのままにします。

HOLDボタンを押したカードの場合、画面上にHOLDと分かり易く表示される事が多いので、間違っていないかをきちんと確認する事です。
確認して間違いがないなら、DEALか機種によってはDRAWボタンを押す事で新たなカードが配られて来ます。

こうしてカードを交換した後に役が出来ていればプレイヤーの勝利となり、出来ていた役に応じて配当金を得る事が可能です。
同時に、ダブルに挑戦する権利を得る事が出来ます。

逆に新たにカードが配られても、役が完成しなかった場合にはプレイヤーの負けです。
賭け金は全て没収されてしまい、新たにベットしなければ次のゲームを楽しむ事が出来ません。

これがビデオポーカーの基本的な遊び方であり、大抵の場合はカードを交換出来るのは1度だけです。
だからこそ1度の勝負が短時間で終わるのでサクサク楽しめる一方、HOLDするカードを慎重に行わなければ勝つのは難しいゲームと言えます。

ビデオポーカーを攻略するコツ

ビデオポーカーを攻略するコツ
一言でビデオポーカーと言っても、オンラインカジノには複数の機種が存在しています。
しかも選ぶ機種により、得られる配当やルールに違いがあったりするので注意が必要です。

だからこそまずは自分にとって、遊び易いと思える機種を探し出す事が攻略のポイントとなっています。
逆に言えば何時までも様々な機種で遊び続けている様では、ビデオポーカーで勝てる様になるのは難しいです。

機種毎に違いがあるからこそ、勝てる様になるにはある程度早い段階で攻略する機種を絞ってそれで遊ぶ様にする事をおすすめします。
更にビデオポーカーで勝つには、先人達が残した最適手順を守ってプレイする事が大事です。

例えば最初にカードが配られた時点で、運が良ければフルハウス以上の役が完成している事があります。

この場合は全てHOLDして、そのままで勝負を行う事です。

最初の段階で、フラッシュやストレートが完成している場合も既に高配当が得られるので全てHOLDして勝負します。
他にもあと1枚でロイヤルフラッシュが完成するなら4枚をホールドし、スリーカードが完成しているならその3枚をホールドするといった形です。

幸いな事に、こういったビデオポーカーの最適手順の情報はネット上で簡単に見付ける事が出来ます。
しかもオンラインカジノでプレイする場合は見放題なので、最適手順に従ってプレイする事で勝率を高める効果が期待可能です。

オンラインカジノでおすすめ出来る機種

オンラインカジノでおすすめ出来る機種
オンラインカジノ上でおすすめ出来る機種としてはまず、ジャックス・オア・ベターがあります。
この機種の魅力は配当の高さと高い勝率を維持し易い事であり、ビデオポーカーの代表的な機種です。

名前の通り、ジャックのワンペア以上から役として存在しており、フラッシュで6倍、フルハウスで9倍の配当を得る事が出来ます。
デューシーズ・ワイルドも上手く戦略を組み立てれば、高い勝率を得る事が可能です。

ただし通常のポーカールールでは、1番弱い2のカードを、ワイルドカードとして用いる事が出来ます。
この様に少し特殊なルールである事を踏まえた上で、戦略を練る必要がある点には注意しなければなりません。

ソフトウェア業界における三大天

今世界中からオンラインカジノ業界をリードしている企業として名を馳せているのが、マイクロゲーミング社、プレイテック社、そしてネットエント社です。
オンラインカジノファンであれば、1度はこれらの名前を耳にしたことがあるのではないかと思います。
それだけにこれらのソフトウェアプロバイダーは、世界の名だたるメジャーカジノから強い支持を受けています。

ネットエント社

ネットエント社
ネットエント社は、1996年にスウェーデンで設立された有名なゲームプロバイダー会社です。

世界には数多くのゲームプロバイダーがオンラインカジノ業界の中で活動していますが、このネットエントは、高い品質を実現しながらもシンプルなゲーム性で、同業他社の追随を許さないほどにマーケットを圧倒する勢いを見せています。

元々は、チェリーカジノの母体であるCherry Abという会社のファミリー企業としてスタートしたのですが、今では200サイトを越える大手オンラインカジノにゲームを提供しているメジャー級のソフトウェア企業となっています。
その活動範囲はスウェーデンのみならず、マルタやウクライナ、アメリカまで広がり、世界各地にオフィスを構えるグローバル企業として活躍しています。

同社が作り出してきたゲームは、ゲーム性が良くてユニークなものが多い反面、ユーザーフレンドリーな作りで誰でもすぐにプレイできるように設計されています。
プレイ画面の見やすさは、とても好評でコインのベット状況、配当金獲得状態などがすぐに確認できる仕組みになっているので、初めてネットエントのゲームでプレイする人でも、迷うことなく参加することができます。

また、Java Flashを利用したノーダウンロード型のゲームでプレイできる流れを作ったのもネットエント社の影響が大きいと言われています。
ダウンロードタイプは端末に負荷がかかり、一方のFlashタイプソフはダウンロードタイプより、ゲーム性がチープというイメージが付きまとっていました。
しかし、ネットエントは、そのflashタイプの弱さを確実に解消してクオリティーの高い画質を作り出したのです。

その他にもネットエントはライブカジノにも力を入れています
同社のライブカジノでは、特別なクラブに加入でき、プレイヤーがワンランク違う最高級のライブを体感できるように設計されています。
同社のライブゲームはハイクオリティーを求めるプレーヤーのニーズに対して、ユニークで斬新なゲームを豊富に用意していますし、ユーザーフレンドリーなために、新たに参加してくるプレイヤーに対しても、親切なナビゲートがあるために、不安を感じさせることがありません。

また、Chromaキーテクノロジーをベースにライブ画質をさらにブラッシュアップしており、ハイクオリティな画像だけでなく、高いサウンド性能も再現させることにより、本場ランドカジノような気分に浸れるのです。
また、プレイする上でのゲームの信頼性や公平性にも、こだわりを持っています。

同社は、ゲームの信頼性や公平性をTSTとSKLの独立第三者機関から保証されています。
しかも、オンラインカジノ専門のeCOGRAの審査も受けており、信頼性に大きな担保をも取っているのです。

マイクロゲーミング社

マイクロゲーミング社
オンラインカジノ業界で、この名前を知らない人はいないくらいにメジャーなソフトウェアプロバイダーです。
マイクロゲーミング社はマン島に拠点を置き生まれたオンラインカジノ老舗のソフトウェア会社です。
1994年創業というのは業界の中で最も長い歴史を持つのですが、一流のオンラインカジノが同社ソフトウェアを採用して運営しています。

マイクロゲーミング社は、圧倒的な数のゲームで高い評価を獲得していますが、同社ソフトを採用しているだけで、そのカジノサイトにギャンブラーが信頼して集まるほどのブランド力を持っています。
マイクロゲーミングは、ギャンブラーが安心してゲームにプレイできることを心がけているので、ペイアウト率のオープン性、サーバーの安定性、配当金の迅速な払い出しの対応をカジノサイトに対してサポートしているので、ファンだけでなく、カジノサイトの大きな支持につながっているのです。

また、2005年からの日本語対応や多言語機能の追加により、さらに世界中のオンラインカジノファンを取り込むことに成功しています。
しかも、マイクロゲーミングのコンテンツは圧倒的なゲーム数に加え、1ヶ月に1回のペースで新作ゲームが出てくることから、トップランナーとしての地位を揺るぎないものにしています。

プレイテック社

プレイテック社
1999年に設立されたプレイテック社は、歴史的にはメジャー級の中では新しい部類のソフトウェアプロバイダーですが、設立してから順調に契約数を増やし2006年には厳しい審査のロンドン証券取引所で上場したほどの信頼性を誇っています。

日本で知名度が高くなったきっかけは、ゲームコンテンツ完全日本語化対応で、非常に扱いやすいゲームソフトが人気となっています。
オンラインカジノのソフトウェア会社としては、最大手のマイクロゲーミング社と肩を並べるほどの実績と知名度を持ち、ソフト開発だけでなくメンテナンスまで自社運営している点も同社の強みと言えます。

ソフトウェアは、グラフィック、サウンド性能が優秀で、ハイクオリティーの作品ばかりで、シンプルで操作しやすい画面作りも特徴です。
この数年大きな人気となっているライブカジノでも、リアルタイムなディーラーとの勝負を実現させて、ライブゲームも好評です。